FC2ブログ
アトピーだった経験から食の大切さに気づき、マクロビオティックに出会い、人生が変わりました
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな話、聞きました!(カルシウムのこと その2)
2009年10月20日 (火) | 編集 |

前回は、こんな話、聞きました!(カルシウムのこと その1)で、講座のまとめを書きました。

 

今回は、カルシウムと牛乳のことから、牛乳以外のカルシウムについて書こうと思います。にこ

 

やはり、牛乳牛乳は、牛の赤ちゃんのための飲み物です。


骨粗鬆症の予防のために牛乳を飲むっていうのは、違うと思います。


ほとんどの人は牛乳を飲めば骨ガムが丈夫になると思っていますが、

もともと日本人には牛乳を飲む習慣はありませんでした。


カルシウムは牛乳だけに含まれているのではありません。


小魚や小エビ甘エビ、小松菜小松菜やほうれん草ほうれん草などの野菜にも含まれています。


牛乳を飲んでいなかった昔に、骨粗鬆症はあったのでしょうか?


牛乳など飲まなくても、骨ガムは丈夫だったのです。


牛乳を飲んだからと言って骨ガムが丈夫になるわけではないし、


牛乳を飲まないからと言って骨ガムがもろくなるわけではありません。

 

では、牛乳からでなくカルシウムをとるには、どうすればよいでしょうか?

牛乳牛乳のカルシウムは、100gあたり110mgです。


ひじきは、100gあたり1400mgで、牛乳の13倍。


わかめワカメは、100gあたり780mgで、牛乳の7倍。


昆布は、 100gあたり710mgで、牛乳の6.5倍。


切り干し大根は、100gあたり540mgで、牛乳の5倍。


大根葉は、100gあたり260mgで、牛乳の2.6倍。


小松菜小松菜は、100gあたり170mgで、牛乳の1.5倍。


また、スプーンで計ると、

大さじ1杯のごまは、カルシウムが108mgで、100mlの牛乳に相当します。


大さじ1杯の練りごまだと、カルシウムが180mg。


大さじ1杯の桜エビ甘エビだと、カルシウムが44mg。


大さじ1杯のちりめんじゃこだと、カルシウムが36mg。


大さじ1杯のきなこだと、カルシウムが18mg。


また、大豆はカルシウムを多く含むので、豆腐やがんもどき、生揚げ、高野豆腐、納豆、油あげなどもよいです。


あげればきりがありませんが、昔ながらの日本の伝統食で、十分、カルシウムが摂れるということです。にっこり


みなさま、今一度、食生活を見直してみませんか?にこ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。