FC2ブログ
アトピーだった経験から食の大切さに気づき、マクロビオティックに出会い、人生が変わりました
こんな話、聞きました!(カルシウムのこと その1)
2009年10月19日 (月) | 編集 |

「日々の暮らしに東洋医学」という講座に参加しました。ノート


鍼灸師さんのお話で、3回講座です。

2回目の今回は、腎についてでした。


歳をとると、骨粗鬆症が増えます。

骨がもろくならないようにしましょう。という、話でした。


その中で疑問に思ったことjumee☆bを、私なりに考えてみました。


骨が喜ぶことをしましょう。


そのために、次のことをしましょう。

  カルシウムを含むものを食べる

  牛乳、いりこ、乳製品などを食べる

  骨密度が低い人は、水性カルシウムを摂りましょう

  日光浴をする 

    わざわざ太陽の下にいかなくても、ガラス越しでよい

  足の裏を15~30分、太陽にあてる

  負荷をかける 

    骨に負荷をかけないと、カルシウムが身に付かない

  スクワットや相撲の動作がよい

  甘いものを半年やめる 
まんじゅう1個食べると、1時間歩かないとカルシウムがなくなる

白砂糖がダメなので、黒砂糖やきざら、三温糖はよい

 

その中で、腑に落ちなかったことは、カルシウムのことと、甘いもののことです。びっくり

 

そうだよなあ、カルシウムと言えば、一般的にはやっぱり牛乳だよねー。えっ


牛乳=カルシウム神話っていう、すりこみがありますよね。


私も以前は、牛乳や乳製品が必要だと思っていました。


だから、白内障にもなったわけです。ガーン 

 

アトピーのことに、21歳で白内障!? を書いています。こちらもどうぞ!

 

乳製品のことは、


乳製品とアトピー その1。アップロードファイル


乳製品とアトピー その2。click

でも、書きましたので、詳しくは、そちらをお読みくださいませ。♪

続きは、明日また書きますね!アップロードファイル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック